ご発注    新潟市様
呼び径    2800
推進延長   529.3m(滑材注入管採用)
納入      平成11年10月
製造  藤村ヒューム管株式会社
 都市の雨水対策事業として、呼び径2800、3000と言う大口径推進管のご採用が増えています。
 これは、都市の雨水排水機能の低下、異常気象と称される集中豪雨による都市型洪水対策として、雨水を貯留したり、放流能力を向上させるために行われている事業で、ときとして、新聞紙上でも「浸水ゼロのまちをめざして」、「安心して眠れるまち」等の見出しで紹介されています。
 未来の都市では、雨は地下に流すものという時代が来るのでしょうか?
現在、推進管の規格は内径3000mm迄ですが、今後4000mm、5000mmという超大口径管への夢がふくらみます。