ご発注    立川市様
呼び径    2400
推進延長   52m
納入      平成14年1月
製造  藤村ヒューム管株式会社
 玉川上水の下を横断する急曲線推進工事にWジョイント管 J-2N 呼び径2400が採用されました。
 到達立坑付近の半径50m(呼び径の約21倍)の超急曲線に対応するため、1/3管での施工が計画されました。
 曲線部の内側で管端部がポイントタッチとならない様、管の上部及び下部のクッション材を2枚重ねとし、推力を均等に伝達するよう工夫してあります。
 なお、玉川上水は、徳川4代将軍家綱時代に、人口の急増する江戸住民の飲料水確保のため、多摩川の水を取水地点の羽村市から新宿四谷まで43kmに及ぶ水路が開削されたものです。

到達立坑付近から発進立坑を望んでいます
この下を玉川上水が流れています

J-2N  呼び径2400  1/3管

クッション材を2枚重ねてあります

発進坑