ご発注   瀬戸内パイプライン株式会社様
呼び径   J-2 1000
推進延長  548.4m
納入    平成17年7月
製造  三次ヒューム管株式会社
 当工事は瀬戸内パイプライン株式会社様が事業主となって進めている岡山県倉敷市水島地区から福山地区への天然ガスパイプライン設置工事の一環として玉島湾を横断するトンネンル工事を泥水加圧式推進工法(アルティミット工法)にて施工する工事で、Wジョイント管呼び径1000は、さや管として採用されました。
 曲線区間はないものの推進延長が548.4mの長距離推進でかつ海底推進という高水密性が要求される現場でしたが無事推進を完了しました。
 水密性の高いWジョイント管は、特に水位の高い現場では積極的に採用して頂けると期待しております。

海底で活躍するWジョイント管
呼び径1000mm

発進立抗

高水密性が要求される海底での推進

到達側から見た玉島湾