ご発注   東京都下水道局様
呼び径   1650
推進延長  435m
納入     平成19年2月〜3月
製造  藤村ヒューム管株式会社
 推進工法とシールド工法を組み合わせて施工する工事にWジョイント管の呼び径1650をご採用いただきました。
 本工事は、既設管渠の老朽化対策と能力増を目的とした再構築工事で、発進より約61mが推進管区間、その後の約374mがセグメントで施工されました。シールド区間はR=12mのS字曲線やR=10mの曲線を含み、従来このような超急曲線の路線の場合、全線シールド工法とされていたところですが、推進工法を併用することでコストの縮減と工期の短縮を計ることを可能としました。
 現場は、とげぬき地蔵尊の高岩寺に程近い染井霊園(都営)の中を通る路線で、桜の代名詞として広く知られるソメイヨシノは江戸末期から明治初期にかけてこの地に集落をつくっていた植木職人が改良して生まれた品種ということです。


▲辺りはソメイヨシノ発祥の地で
桜の古木が点在します。

▲下部にセグメント運送車用のレールが
設置されています。

▲Wジョイント管とセグメントの接合部